2004年07月11日

食にまつわるエトセトラの旅

食にまつわるエトセトラの旅
~二丈町探検ツアー 2004~





実施日:2004年7月11日(土)

場所:福岡県二丈町 参加者4人




「農業合宿でお世話になる二丈町ってどんなとこ??」ドライブして、農業合宿へのモチベーションUPしよYってことで、7月11日(土)に二丈町探検ツアーをしました。

<ツアーの道順>
《スタート》いきさん牧場→福ふくの里→農家さん宅にあいさつ→姉子の浜 《ゴール》


 
集合は、筑前深江駅。参加者は女の子ばっかし、4人でした。ワイワイ楽しくおしゃべりしてました。まず、「おなかが減っては、ツアーも楽しめん!!」ってことで「 いきさん牧場 」でランチ♡ ここでは、ハーブ豚を使用していて、なんともジューシーで思わず、しあわせYYって言っちゃいそうでした。
2004-3-1



おなかいっぱいになったところで、産直店の「福ふくの里」へ。お世話になっている農家さんのお野菜も売ってあるんで、生産者シールを見ながら、買い物をしました。二丈町は、海が近くにあるので、新鮮な海産物も手に入れることができます0(^▽^)0
農業合宿でお世話になる農家さんにあいさつしに行きました。実はこれがメイン。農家さんにあいさつしに行くのを「食にまつわるエトセトラの旅」ってことでイベント化しちゃったんです。農家さんは皆さん気さくで、夏の農業合宿の受け入れを承諾してくださいました。 


2004-3-2
 
最後に、姉子の浜。ここに来たのは、単に海がキレイだからじゃありません。「鳴き砂」といって、足で踏むとキュッキュッと音がすると言われているからです。でも最近は、海岸が汚くなって音がなりにくくなったらしい・・・。こんなことからも環境問題って感じられるんだなぁって思いました(>_<)
砂浜でたっぷり遊んだあとは、安全運転で帰宅。「みなさぁん、帰り着くまでが遠足ですよ(笑)」
written by ちぐさ


drecom_apiq03 at 03:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あぴ内イベント報告 

2004年06月05日

お泊り農業体験@むすび庵

お泊り農業体験@むすび庵




実施日:2004年6月5~6日(土・日)

場所:むすび庵(福岡県筑紫野市) 参加者6人




福岡県筑紫野市にある「 むすび庵 」は、長年有機農業を続けて来られた八尋幸隆さんによって、消費者との交流を目的に設立されました。そこでは毎月「むすび庵で農と旬を語ろう会」という様々なイベントが催されています。今回はAPiQ!!メンバー6人でお泊り農業体験に参加してきました。


初日、13:00~むすび庵に到着。2階のつどい処で簡単なオリエンテーションを行いました。自己紹介、すごい緊張したぁ(*_*)参加者は20名ほどで、色々な年齢層の人がいました。皆食に対する意識が高そうな方ばかり!噂に聞いていた八尋さんは、とっても気さくなおじさんって感じです☆奥さんの美智子さんも優しそう~。 

 
オリエンテーション後、着替えて早速農作業開始!まずは、むすび庵から歩いて10分くらいの場所にある畑で玉ねぎ&じゃがいもを収穫しました。玉ねぎは4~6個を一束にして、紐でしっかりと結び付けていきました。これがなかなか難しい!しかも6月の照りつける太陽が暑い暑い・・・汗だくだくになりながら、ひたすら玉ねぎを結んでいきました。APiQ!!メンバーのえりもちゃんは熱中しすぎて、無心の境地に至ったそうです(笑)農業で悟りを開く人もそうそうおらんよね(笑)
 
じゃがいもは鍬(くわ)で掘り起こしてから、手でひとつひとつ掘っていきます。この鍬使いが下手だと、じゃがいもを割ったり傷つけたりして商品価値を無くしてしまうので、結構気を遣う作業でした。当然ながら素人であるAPiQ!!メンバーはさくっさくっと傷つけてしまいました・・・八尋さん、じゃがさんたち、ごめんなさい(>_<)

2004-2-1

2004-2-3



 
→この方が有機農業のプロ、八尋さんです☆

2004-2-2



→収穫した新じゃがたち。

2004-2-4

2004-2-5




収穫作業の次は、あちこち散らばっている八尋さんの畑や田んぼをめぐるツアーに出発!お散歩しながら色々な話が出来て楽しかったです。歩いて15分くらいのところにある畑には、キュウリや茄子など色んなお野菜が植えられていました。どれも水々しくて色つやが良くて、とぉっても美味しそう☆ 

→つやつやの茄子♪品種名「小五郎」君です。
2004-2-6



2004-2-8
 
この日の作業はこれで終了。夕食の前に「御前湯」という温泉で疲れを癒しました。はふ~。夕食には赤米入りご飯のカレーやじゃがいもの煮物、サラダや卵のお吸い物など、むすび庵で取れた旬の食材を使った料理がズラリと並びました。めちゃめちゃめちゃ美味しかったです!!食後は食や農について熱い意見が交わされました。やはり現役バリバリ農家さんや新規就農を目指しておられる方の意見を聞くと、食や農に対してのモチベーションがすごく上がります。話し合い(というか宴会?笑)は夜遅くまで続いたようですが、私は途中で寝てしまいました~。 



 
翌日、6時過ぎ・・・。目覚めると回りに人が居ない・・・。皆早朝マラソンに出かけてしまった模様。昨日真っ先に寝たはずなのに、寝坊してしまったよ~(;△;)しばらくしたら何人か帰ってきたので、朝の作業をしに畑に行くことになりました。
まずは昨日収穫した玉ねぎを木の棒にかけていきました。このようにして玉ねぎを乾燥させ、長期間保存するのだそうです。

2004-2-12


 
次はイネの苗に水遣り。たっぷり水を遣らないとダメなんだそうです。朝の空気と水滴のついたイネの葉の黄緑がきれいで、ものすごく爽やかな気分になりました~。

2004-2-9




→朝撮ったキュウリの写真。夏を感じます☆
2004-2-7



2004-2-10
 
最後に鶏小屋へ。鶏小屋の上の方には卵を産むスペースがあって、そこで雌鶏が卵を抱いていました。なんか必死に卵を温めている姿がめちゃかわいくて、卵を取ることに少し罪悪感を覚えてしまいました・・・が!!いざ卵を取ろうとしたら、クチバシで手をつつかれました!!Σ(*д*)あいや~。なんとか奪い取った卵は産みたてで、ほんのり温かかったです。
その後むすび庵に帰って朝食を頂きました。どれもこれも美味しかったですが、さっき取ったばかりの卵を使った卵かけご飯がめちゃめちゃ美味しかったです!こういう食事こそすごく贅沢だと思うのですが、どうでしょう。



2004-2-11
 
午前中はトマトの誘引と整枝を行いました。誘引とは、トマトの樹を紐などで支柱に固定していくことです。誘引することによって、枝同士が重なることを防ぎ、葉に十分に光が当たるようになるのです。整枝とは、葉の付け根から出てくる腋芽(わきめ)を摘み取ることです。腋芽が大きくなると、そっちに栄養が取られてしまい主茎の生長が損なわれるので、できるだけ小さい内に摘み取ります。ウイルス病や細菌病の感染を防ぐために、どちらの作業もできるだけトマトの樹を傷つけないように注意しなくてはなりません。それにしてもハウスの中は暑い~(+_+)暑すぎて息苦しかったです。真夏もハウスで作業する農家さんは本当に大変だなぁとしみじみ思いました。



昼食時間。ここでの美味しい食事もこれが最後かと思うと、なんとも名残惜しい・・・。最後に一人ずつ参加した感想を言って、お開きとなりました。楽しい時間が終わってしまって、なんだか寂しい感じ・・・。でも帰り際にお土産に卵やお野菜をたっくさん頂いて、かなりハッピー♪気分で帰りました(笑)
このお泊り農業体験で生の農業、農家さんに触れて、とてもいい刺激を受けました。すごく充実した、濃密な時間を過ごせたと思います。こんな楽しいイベントを企画してくれた、八尋さんを始めむすび庵の皆さんに感謝感謝!どうもありがとうございました。

written by よふ



drecom_apiq03 at 03:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろイベント報告 

2004年05月23日

おいしい会合@大豆コロッケ


おいしい会合@大豆コロッケ





実施日時:2004年5月23日(日)  13:00~16:30

  場所:箱崎公民館  参加費:300円  参加者4人  スタッフ3人 



「健康ブームで注目されている大豆を使って、何か作って食べたいねー」という、何気ない発言から始まったこの企画。「せっかく作るんだから、
APiQ!!のブックレットでも取り上げている大豆コロッケにしよう!」
ってことで、2004年度最初のイベント、「おいしい会合@大豆コロッケ」は動き出したのでした・・・。




13時、箱崎公民館にて、参加者とスタッフが初めてご対面。
スタッフもそうだけど、参加者も全員女性でした。
こういう環境や食・農といった分野は、やはり女性の方が断然関心があるようです。男性の皆さんにももっと興味を持ってもらいたいなぁ~。
それにしても1年生は初々しくてカワイイ☆
とりあえず、皆の緊張をほぐす為に、紙にニックネームや自分が似ていると思う野菜などを書いてもらって、一人一人自己紹介をしてもらいました。その後大豆について軽く勉強してもらい、早速作り始めました。



 

 
大豆は昨日から水に浸けてもどし、やわらかく煮るところまで準備していたので、まずは大豆つぶし。すり鉢とすりこぎを使ってつぶしていくのですが、これが結構大変でした!いくら柔らかく煮たといっても、やっぱり大豆、あっちにこっちにポンポン飛んで行きました・・・。フードプロセッサーで細かく砕いてからすりつぶした方がよかったかもしれません。でも大豆の歯ごたえを楽しみたいなら、ある程度粒を残した方がいいです。
2004-1-1



 
大豆をすり潰す一方で、具になる野菜の下ごしらえをしました。
じゃがいもは皮をむいてゆがき、つぶします。人参・レンコン・水でもどした干し椎茸を細かく切り、フライパンで炒めて下味をつけます。
野菜を炒めた時のいい香りといったら!早く食べたいぃ~。←スタッフである私は写真撮っているだけで、作業は参加者任せでした^^;



2004-1-2

 
トントントントン・・・手際がいいね♪


2004-1-3







 
つぶした大豆とじゃがいも、炒めた野菜を混ぜ合わせます。あ、書き忘れていましたが、今回の大豆コロッケの材料はこだわってます!
じゃがいもと干し椎茸は私の実家で作ったものを、その他の食材はできるだけ有機野菜・無添加のものを使っています。やっぱり食材で全然違うと思うんですよね。味だけでなく安心感、満足感。
わざわざ手間をかけて作るんだから、食材にも美味しい物を☆

2004-1-5


 
さて、次は成形して衣付けです。人数に対してかなりの量のコロッケ種ができてしまったので、一つ一つを大きめに作ることに。トンカツみたいなコロッケになってしまいました(笑)しかも量が多すぎて卵が足りなくなり、急遽スタッフが買いに行くことになりました・・・とまぁ、色々ドタバタしてしまいましたが、衣付けも終わり、いよいよ揚げの段階です。

2004-1-7



 
じゅわーっとキツネ色に揚がったら、できあがり♪熱々の内に食べましょう。

2004-1-8











2004-1-9
 
並んで記念撮影☆皆早く食べたくてうずうずしてます(笑)さて、そのお味は・・・ものすごく美味しい!!大豆の優しい甘さと野菜のうまみがうまく引き出されていました。コロッケにかけるソースも、カゴメの有機野菜と果実で作られたものを使用。このソースもコクがあって美味しかったです。
食パンも買ってきていたので、コロッケサンドにして食べたら、これまた美味しい!欲を言うと、キャベツの千切りがあればよかったなぁ~。
とりあえず皆「美味しいです!」と喜んでくれていたので、一安心☆食べ終わった後は片付けをして解散。あまりに量が多かったので、余った大豆コロッケをお土産にしました。参加してくれた皆さん、お疲れ様でした~☆




この大豆コロッケ作りを通じて、私が感じたり考えたりしたこと。

まず「手作りの必要性」です。手軽で便利だからという理由で、私たちはコンビニ弁当やスーパーのお惣菜をしばしば利用します。確かに、料理を作る暇なんて無いくらい忙しい時は、それらに頼るのもいいでしょう。しかし、日常的にそれらを利用することは危ういことだと私は思います。コンビニ弁当のラベルを見て、一つ一つの食品添加物がどのような物質で、どういう働きをするのか把握できている人は、まずいないでしょう。私たちは自分たちが何を食べているのか知らずに、食事をしてしまうのです。しかし、自分で材料を選び、調理することによって、自分が食べているものについて把握できます。このことは現代の食において重要なことだと思います。それに手作りの料理は、一番美味しい状態で食べることができます。いくらスーパーのコロッケをレンジでチンして温めたところで、揚げたて熱々の手作りコロッケには敵いません。

もうひとつ、「エコクッキング」について。エコクッキングとは環境に配慮して調理・片付けを行うことで、エネルギーや食材の無駄を省き、ゴミを少なくすることです。エコクッキングは買い物から始まります。地元で採れた旬のもの、無農薬・無添加のものを選ぶことは、環境にやさしい=身体にやさしいということだけでなく、フード・マイレージ(食品の輸送量に輸送距離をかけたもの。値が大きいほど輸送エネルギーが大きく、環境に負担をかけている。)を小さくするということにもつながります。今回の大豆コロッケ作りでは、野菜の皮を捨てたり、片付けの際水を出しっ放しにしたりしたので、エコクッキングまであと一歩だったような気がします。エコクッキングのことをもっと勉強して、自分にも環境にもやさしい料理を作れるようになりたいですね。



☆最後に大豆コロッケのレシピをまとめておきます☆
(分量は適当です。すみません^^;)

 
大豆コロッケ

<材料・・・大4個分>
  • 大豆・・・1カップ
  • 干し椎茸・・・中3枚 2004-1-6
  • 人参・・・大1/3本(130g)
  • 水煮レンコン・・・1/2本(130g) 
  • じゃがいも・・・中4個
  • みりん・・・大さじ2
  • 薄口醤油・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • 小麦粉・・・適量
  • 卵・・・1~2個
  • パン粉・・・適量
  • サラダ油・・・適量
2004-1-4

<作り方>

① 大豆と干し椎茸は別々に一晩水に浸ける。
② 大豆を柔らかくなるまで煮る。
③ 人参は千切り、椎茸はみじん切り、レンコンは大きめのみじん切りにする。
④ ③をサラダ油少々で炒め、みりん、薄口醤油で味を付ける。
⑤ じゃがいもを薄切りにしてゆがく。
⑥ 大豆をすり鉢で粒が残るくらいにつぶし、その中に④と⑤を入れて混ぜ合わせる。
⑦ コロッケの形を作り、小麦粉・とき卵・パン粉の順に付け、170度の油でキツネ色になるまで揚げる。

※具に、小さな笹がきにして、酢を加えたお湯で下ゆでしたごぼうを加えても美味しいらしいです!



written by よふ




drecom_apiq03 at 03:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あぴ内イベント報告 

2004年01月16日

お宝体験農業合宿in糸島 Winter ver.

お宝体験農業合宿in糸島 Winter ver.




実施日:2004年1月14日(金)~16日(日)

場所:福岡県糸島郡二丈町 参加費:4000円  参加者5人 スタッフ2人




初めての冬合宿!夏とは一味も二味も違った合宿となりました。寒かったけど楽しかった~♪合宿の詳しい様子・内容が知りたい方は、下の「農業合宿のしおり」と「農業合宿の報告書」をご覧ください。*PDFファイルです。



*顔写真やスタッフの連絡先など、一部内容を変更しています。




**文章・画像の無断転載はおやめください**
Copyright ©2003-2005 APiQ!! All rights reserved.


drecom_apiq03 at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あぴ内イベント報告 

2004年01月14日

お宝農業合宿in糸島 Winter ver.

お宝体験農業合宿in糸島 Winter ver.




実施日:2004年1月14日(金)~16日(日)

場所:福岡県糸島郡二丈町 参加費:4000円  参加者5人 スタッフ2人




初めての冬合宿!夏とは一味も二味も違った合宿となりました。寒かったけど楽しかった~♪合宿の詳しい様子・内容が知りたい方は、下の「農業合宿のしおり」と「農業合宿の報告書」をご覧ください。*PDFファイルです。



*顔写真やスタッフの連絡先など、一部内容を変更しています。


drecom_apiq03 at 03:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせ 

2003年01月03日

APiQ!!のご紹介♪

Agri-Project in 九州!!とは?


私たち「Agri- Project in 九州!!」

「食と農をもっと身近に」

というテーマをもとに活動しています。

このプロジェクトの目的は
  1. 農を体験したり、食について考えたりしていく中で、食と農のつながりを知ること。それを周りの人に伝えていくこと。
  2. 経済問題、環境問題、安全問題など様々な食と農に関わる問題を自ら提示し、様々な過程を通じて、自分たちにできることを考え、実行に移していくこと。
  3. 食と農に関する学習を経てAgri-projectが生産者と消費者を繋ぐかけ橋となること。


【基にある思い】

農に関わることによって自分を見つめなおす場、
世の中に生きている者として生き血を通わせる場を若者と作りたい。
そういった場を共有することによって見えてくるものを大切にし、
広げてゆきたい。
若者と農業をして熱くなる。
九州で農業を通して一人一人が成長できる場を作りたい!!


【広がる思い】

私たちは実際に農業体験をしてみると、
ほんのちょっとの農業体験だったにもかかわらず、
とても身近な食卓のふるさとについて
知らなかったことがたくさんみえてきました。
そしてその新発見の出会いにとても感動しました。
そして食べ物の大切さ、おいしさを知りました。

「消費者と生産者との間には厚い壁がある!
ほんのちょっとの一歩を踏み出せば
こんなわくわくする世界に出会うことができる!
このことをみんなにも知ってほしい!」


自分たちの食べているもののことをもっと知り、
(仲間と汗をかいて、)消費者と生産者の掛け橋になりたい。


【繋がる思い】

知ったり体験を重ねていく中で自分たちで感じたこと、考えたことを
外に向けて発信していきたい。
思いを形にしたい。そして実際に行動に移したい。

Agri-Project in 九州!!を創り上げていく中で
みんなの思いを形にしていこう



 -------------------------------------------------------

<カテゴリ>

あぴ内イベント報告」:APiQ!!主催のイベントの経過や報告

定例会」:だいたい月に一回やっている定例会の報告

いろいろイベント報告」:メンバーが参加したいろいろなイベントの報告

あぴの日常」:食いしんぼなあぴのメンバーが考えたこと、感じたこと

お知らせ」:APiQ!!内外のイベント等のお知らせ

※「リンク集」はこちら

 -------------------------------------------------------

<連絡先>

apiq03@yahoo.co.jp 



drecom_apiq03 at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)APiQ!!について 

2003年01月02日

リンク集!!

★☆★ リンク集 ★☆★


<食と農 関連HP>


「むすび庵」

福岡県筑紫野市で有機農業をされている八尋さんご夫妻のホームページ。
消費者との交流を目的に立ち上げられた「むすび庵」では毎月様々なイベントが行われています。
食や農に興味のある方は是非訪れてみてください。庵主のブログは必見!!


「二丈赤米産直センター」

二丈でお世話になっている吉住公洋さんのHP。赤米の直売もされています!


「九大お弁当の日(箱崎キャンパス)」

「九大伊都キャンパス・お弁当の日」

毎週木曜日はお弁当の日!!昼休みに集合だ!
毎回珍テーマを設けて、持ち寄った弁当をみんなでおいしくいただきます。


「筥崎公会堂」

命と農と食をつなぐ コミュニティ・レストラン。
第3土曜日の野菜バイキングはオススメです!


「びおとーぷ」

APiQ!!がお世話になっているNPO共同事務所です。
素敵な団体が集まっています。





<大学サークル関連HP>

「ネットマルシェ」

農作物販売のネットマルシェホームページ。
農業×インターネット×大学生がコラボしたポータルサイトです。
APiQ!!以外にも、農業に関わる全国の大学生の団体のサイトが載っています!
いろんなことをしている団体があっておもしろいですよ~


「和NiGiRi」

国際協力、世界の格差や貧困問題、国際交流、環境問題、戦争と平和、国際理解、
食と農業・・・
こんなことについて学びたい!考えたい!語りたい!
そして『考えるきっかけ』を多くの人に発信したい!
そんな『地球』視点を持った好奇心旺盛な大学生たちが、充実した楽しい学生生活を過ごそうと、つくった集まりです。


「JASC(日本農業系学生会議)」

JASCでは「農業の現場」を舞台に「交流の場」と「議論の場」を提供することによって、
日本農業の未来を切り拓いていくことを目指しています。


「環境創造舎」

人も生きものもあつまるキャンパス。
私たち環境創造舎が目指すものです。
そのためのしくみづくり。
私たち環境創造舎のしごとです

 



drecom_apiq03 at 04:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リンク集