2012年10月15日

種まき@アピ農園


こんにちは!

はじめまして、APiQ!!副代表のゆうこです(・∀・)つ


ちょっと順番は前後しますが、
APiQ!!農園での種まきについてのレポです

先日、10月8日
アピ農園で種まきしました!


まずは、スーパーでもらってきた野菜くずを砕く作業からはじめました。

前回やったことのある人を中心にして、
細かく、細かく、細かく   砕いて・・・

生ごみ ぼかし入り


こんな感じになりました!!



そしてここに、このぼかしを投入して混ぜていきます!

20120805_113118


ぼかしを混ぜることで
生ごみを分解するのをがんばっている、
好気発酵をしている糸状菌や細菌をさらに活発にすることができます!


いままでは、砕いて、数日たった生ごみを畝にまいて、
その上からぼかしを混ぜていたみたいですが、
今回は、その場で砕いて混ぜちゃいました



その後は草刈り班と畝作り班に分かれて、作業しました。

  ↓草刈り中・・・

草刈 こうたろう


  ↓畝作り中・・・

畝作り アップ



ここに生ごみを混ぜ込みます。

畝作り

ここにビニールシートをかぶせて、畝作りは終了(´∀`)

あとは、土の中で微生物が一生懸命好気発酵してるので、
いい土ができるまで、何回か酸素不足しないようきりかえしの作業が必要だそうです

微生物の働きでどうなっていくのか楽しみですね!



これでおわりー♪
・・・というわけではありません  (゚∇゚ ;)エッ!?



ここから種まきに入ります.。゚+.(・∀・)゚+.゚

今回は、大根とブロッコリーの種まきをしました!

  ↓こんな感じです

種まき

そして、たっぷりと水をまきました。

これからは、一週間に一回の頻度で水やりをしていきます。

水をたくさんあげすぎないことで、植物の成長を促すんです

水まき

これで終了です!!

最後に集合写真 ↓

集合写真


以上、アピ農園からの報告でした!










drecom_apiq03 at 11:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年10月14日

椒房庵稲刈り体験会@猪野

こんにちは!
1年のまつもとです(*'∇')/

今日はあぴの大先輩、みぽりんさんのお誘いで

椒房庵稲刈り体験会にいってきました!!

さらに今回は佐賀の学生農業団体ForS.と一緒にスタッフとして参加しました!

他県の学生団体、しかも農業系
活動の幅の広がりを感じられてうれしいかぎりです!

ではでは本日のメインイベント稲刈りについてです

14稲刈り(1)

参加者はおよそ70人の家族づれで
子どもたちはほんとちっちゃい子から小学生ぐらいの子たちが
たくさん来てました!

稲を鎌で刈って、脱穀機にえいさらほいさっ
たくさんあった稲もどんどん刈り取られていきました(`・ω・´)

子どもたちがお母さんやお父さんに見守られながらどんどん稲を刈っていく中、
じつは私始まってすぐは鎌を使ったことがなかったので、
鎌ってちょっとこわいなーとか思って一歩引いて見てたんです。

しかし、みなさんとっても楽しそうだし
小学生ぐらいの子がどんどん刈っていくのをみて
意外に大丈夫かもと思い、試しにちょっと本数が少なそうな束を刈ってみたところ

やー、これ楽しいですね!!

思った以上に鎌はよく切れるし、
稲が束ごとに鎌で刈るのにちょうどいい量で生えているので
もうやみつきでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

もちろん誤った使い方をするを怪我の恐れがあり大変危険なのですが、
きちんと正しく使えればとっても便利な道具なんだなとちょっと感動しました

小さい子に刃物を持たすのは一見危ないからやめたほうがいいように思ってましたが、
逆に、危ないからと一回も触れることなく使い方も知らずに大きくなるのも、
いざ使わないといけない場面に遭遇したとき使い方が分からず危険なのかも…
となんとなく思いました(・・*)ウンウン

で、すべて刈り終わったところで・・・

今度は田んぼにちょこちょこ落ちてる

落穂ひろいです!

運ぶとき落ちたものとか、脱穀機にうまく入らなかったものなど
たくさん田んぼのなかに落ちているので

せっかく実った穂は残すことなくしっかり回収していきましょう

ミレーの絵画が頭をよぎりつつ、
田んぼに住んでた大量のぴょこぴょこはねてる蛙を追いつつ、
落穂も拾いつつ、おなかがすいてきたころ・・・


待ってました!

お昼ごはんの時間です!!

14稲刈り(2)

お昼ごはんは自分で好きな具を入れて楽しむおにぎりに
4種類の味噌を自由に組み合わせてオリジナルな味の味噌汁、
いろいろなおかずつきでした

おにぎりの具は明太子に梅干、鶏味噌などなど
ご飯がとまらなくなるものばかり

さっき収穫した米が、
ゆくゆくはこんな感じで食卓に並ぶんだなーと思いをはせながら
とってもおいしくいただきました(*^▽^*)

おなかも満腹、ほっと一息したところで

今度はなんと餅つきです

14稲刈り(3)

子どもたちも一緒にちょっと小ぶりの杵で
かわりばんこにおもちをつきました

えい、ほっ、えい、ほっ
みんな必死にもち米をついてますねー

満腹だったおなかも別腹発動です!!

ついたお餅はきなこをつけたり
ぜんざいに入れたりしていただきました

みんなもぐもぐ、たくさんおかわりしてましたよー

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

今回はお米にスポットをあてて
収穫からおにぎりや米味噌、餅つきまでお米のおいしさを満喫しました!

やっぱりお米っていいですねー(* ̄∀ ̄)
毎日食べても飽きないだけあります!

以上、椒房庵稲刈り体験会のレポでした


drecom_apiq03 at 23:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年10月08日

「種」のお話

Guten Tag!かめちゃんです(^^)

今日は、あぴ農園で初の「種まき」をしたのですが、
(後日、副代表:裕子が更新!お楽しみに☆)
それにちなんで・・・、

今回は、本の紹介です。


「タネが危ない」野口勲(2011)日本経済新聞出版社

タイトルからして衝撃的ですね(^_^;)
「何が危ないねん!」って感じがしますよね?

この本では
F1(一代雑種固定種
の比較がされています。

著者は、全国でも珍しい「固定種のみを扱うタネ屋さん」
固定種とは本書によると
自家採種が可能
「何世代も繰り返すことでその土地の環境に適応し、安定していった種」

一方、
F1種は本書によると
自家採種は不可能、一代限り
「現在、雄性不稔(花粉のできない)個体からつくられることが多い」
要は、子孫が残せない種のことです。
ちなみに、現在
スーパーで売られてる野菜やホームセンターで売られてる種、
ほとんどF1だそうです。僕はもちろん、このブログを見てる
みなさんだって毎日食べてるのもおそらくF1です。

今年のあぴ夏合宿で「種ってどこからくるの?」と議題にあがりました。
誰も種についてあまり知らなかったし、
「種がどこの国から輸入されようと、一代限りだから毎年種を買わないといけないだろうと、
日本で育てたら国産なわけだし、そんなに種にこだわらなくてもいいんじゃない?」
といった感じでまとまってしまい僕は「本当にそれでいいのかなぁ?」と
僕は知識がないながらもどこか腑に落ちませんでした(^_^;)

そして最近、本屋で中古でこの本を見つけたので即買い(笑)
たねがあぶない

いろいろ考えさせられる本なので、ぜひ読んでもらいたいですが、
その中で印象的だったのが

「僕(著者)は、F1を決して否定はしないし、人々を養うにはF1は欠かせない。だが、それは市場流通を目的とした産地経営の視点での話だ。」
「自給用野菜、家庭菜園の世界には別の視点と価値観を持ってほしい」
との著者の意見(抜粋・要約しましたが)。

それぞれの主な良い点は、
F1
・大きさがそろいやすい
・育つのが早く、収穫後の日持ちがよい
・特定の病気に耐性をつけやすい
固定種
・味が良い
・自家採種できる
・長期収穫できる

現在のように、流通や外食産業などが発達した時代、
出荷の際、箱詰めに適するよう大きさや品質に工業製品のような「均一さ」が求められます。
それに適したのはF1の技術。
また、野菜の大量生産を可能にしたのもF1の技術。

大手の種苗メーカーが作るF1によって
今の食と農は支えられています。

僕もF1は、今の食において重要だし、不可欠だと思う。

ただ、「そんな子孫を残せない植物ばかりを食べて、わたしたちは大丈夫なの?」
という著者と同じ疑問を抱いたのなら
この本を読んでみることをオススメします。

固定種って、一粒ずつ多様性があり、生育もバラバラで産業には適さないけど
家庭菜園には向くというし、
あぴ農園で固定種の野菜育ててみたいなぁ・・・
と思う今日このごろなのでした(^^)


drecom_apiq03 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月12日

代表@CAパートⅡ!!

Good evening!そちらは、お昼のようですが(笑)
またまた代表からの報告です。

前回のグルメレポが好評でしたので、第二弾を掲載します。いぇあ!!\(^o^)/

今回は
9/11@Mezcal(Mexican-Region of Oaxaca)のレポです
店名の「メスカル」は、「小型の棘なしサボテン」のことで
Oaxaca(オアハカ)というメキシコの地方の料理が楽しめるお店です

店内は、BARのようなオシャレな雰囲気でたくさんのお酒が並べてありました

20120911_132934

日本では、「お酒は20歳から」と法律で定められてますが、
(代表:かめちゃんは20歳です(^^))

アメリカでは州によってバラバラです
んで、ここカリフォルニア州では・・・
「お酒は21歳からOK」
衝撃・・・。しかも、身分証明書を厳しくチェックされるとか・・・
てなわけで、こちらでは1ヶ月の禁酒生活を強いられています(゜_゜)

それでは、料理を紹介しましょう!

20120911_132022

これが、僕の注文したShrimp(えび)料理
tip&tax inで14ドル(約1100円)
中央に白米、周りを5、6匹のエビが賑やかに取り囲んで
メキシコ独特のソースがかけられてます
ハーブのようなものが散らされ、見た目もオシャレ♪

これは、おいしかった!ソースは日本で食べたことない味
白米は、わりとおいしかったと思う

ちなみにorderの時は、困りました(^_^;)
アメリカでは、「料理名:食材」がたいてい表記されていて
分からない単語だけ辞書で訳しながら注文してたのですが・・・、

訳せない(゜_゜;)

英和辞典にも西和辞典にも載ってない食材ばかり、
shrimp(えび)、avocado(アボカド)、chicken(鶏肉)、Beef(牛肉)など
「そんくらい知っとるわ!!」って単語以外、
まったく謎の食材たち。。。

訳せないながらも僕の友達や先輩方が注文した
メキシコ料理も紹介します

20120911_132301

これは、どう見ても牛肉ですね(笑)
左に見えるのはチーズでしょうか?

20120911_132034


白米、レタス、アボカドサラダ、
そして春巻きのようなもの。鶏肉をトルティーヤ(とうもろこしでできた皮)で
巻いて、油で揚げたものです(^^)

20120911_132245

これは、おそらく鶏肉と何かのサラダ
左は、トルティーヤです!


20120911_132319

こちらは、何かを包んでますね

20120911_130235
これは、前菜ででてきたトルティーヤチップス
一番下のソースが少し甘く
一番上が少しスパイシーなソース
途中で飽きちゃいましたが(笑)

どれもおいしそうな料理ですね
食材がわからなくて申し訳ないですが(>_<)
分かり次第更新するかもです

まだまだ終わりません。この店にわざわざ6人で来た理由



そのお目当ては・・・、






20120911_132127

これ・・・
What's this?




バッタ

足とれてるけど、
This is Grasshopper!!(バッタ)

みんな、アメリカでの1ヶ月の生活で
妙な「なんでもTRY」精神が培われたようで、
嫌な顔しながらも食べてました(笑)

醤油でソテーしたようで、味が濃いせんべいのような感じ
塩辛くてパリパリしてて、Not so badでした

まあ、でもこれに7ドル(約560円)払うのはなぁ・・・

20120911_131653

見た目、完全にOUT
これが昔の日本ではpopularだったって話も小学生の頃に聞いたことありますが・・・
まあ栄養価は高いそうです。

メキシコ料理ってタコスとかイメージしがちだけど
このお店は、定番とは少し異なる料理を提供しているのだそう
(って店員が英語で言ってた気がするw聞き取り違いかもだけど)

カリフォルニアには、電車をはじめいたるところに
英語とスペイン語の両方の表示がある場合が多いです

メキシコをはじめとする中南米からの移民が特に多い地域だから
という特色からでしょうね(^^)
スペイン語で食材の単語を少し覚えていくと、
もっとメキシコ料理楽しめるかもです♪

街中でもメキシコ料理のお店はわりと多い印象を受けました。
カリフォルニアに来た際は、
タコスの食べ比べをしてみては?\(^o^)/

勇気ある方はGrasshopperもぜひw

アメリカ滞在もあと3日・・・
名残惜しいなぁ
特にHost Familyとの別れが(T_T)/~~~

気が向いたら帰国後にでもパートⅢも書くかもです♪
コメント一言でもいただけたらすごくHAPPYです(^^)
では、Have a nice day!!






drecom_apiq03 at 13:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年09月02日

代表@カリフォルニア!!

Good evening, everyone!!
APiQ!!代表の亀園です♪ただいま日本と16時間の時差のある
アメリカのカリフォルニアに短期留学中!

こちらでの食生活をアメリカから報告します(^^)

多民族国家であるアメリカは様々な人種がいて、「人種のサラダボウル」と
よくいわれます。
中でもここカリフォルニアは半分が白人でない人種で
アジア系、ヒスパニック、黒人いろんな人々が自分の個性を持って暮らしています。

こうした背景から、僕が留学中のSJSU(サンノゼ州立大学)の周辺にも
様々な国の料理が楽しめるレストランがいくつもあるので
授業後は、ひとつずつトライするのが日々の楽しみです☆

ってわけで、今回はおいしそうな写真が盛りだくさんです(笑)

スマホ写真 466
8/21@ Hoagie Steak Out(アメリカ)
philly(パンに具をはさんだもの?)をこちらではよく見かけます。
cheese&Beefがたっぷり入ってとてもアメリカンでおいしかったです!

スマホ写真 480
8/22@ Cafe Pomegrante(イラン)
Steakを注文。固めの肉とズッキーニ&ピーマン&玉ねぎの串焼き。
そして長粒種米のピラフ!長粒種は日本米よりパサパサしていて
白米で食べると微妙な味ですが、炒めものには向いてます
スマホ写真 568
8/23@ Peanuts Deluxe Cafe(アメリカ)
見てください!このボリューム!!ギャグかと思いましたwww
オムレツを頼んだら皿の半分を大量のポテトが占めていて、その上トーストまで!
これで6ドル(480円)とか何たるコストパフォーマンス。。。
ちなみに同じバンドの先輩と行ったのですが、先輩はPhillyを注文してました
20120827_130734
8/27@ Tandoori Oven(インド)
ラム(子羊)肉のカレー&ナンです。これがむちゃくちゃおいしかった!
牛肉、豚肉、鶏肉とはまた違う味ですね
SJSUの学生証見せたら4割引きになってHAPPY!
20120828_133800
8/28@ House of Siam(タイ)
店内は仏教らしい装飾でいかにもタイらしい雰囲気。牛肉とパイン、野菜のいためものを注文。
ぼちぼちおいしかったという印象。
こちらに来て食べた米の中で、一番ましな白米を食べることに成功♪
20120830_132115
8/30@ Botown(中国)
他の九大生8人でそれぞれ1つずつ注文。かなり贅沢な昼食になりました。
いろんな野菜が入っていて、以上のレストランの中では、比較的ヘルシーかと思われます

スマホ写真 464
いつの日かのホストファミリーでの夕食。アメリカの家庭の食事って
すごく雑なのを勝手に想像して、覚悟してたのですが。。。
僕のホストマザーは、料理がおいしいです!!

オーガニック野菜にこだわっていて、肉、米、野菜、パスタ、チーズ、パン、と
毎日おいしい料理をきちんと作ってくれます(^^)
「嫌いなものがあったら言ってね!」とか「お寿司買ってきたよ!」とか
細かな心遣いまでしてくれて感謝しきれないくらい親切な家庭です。

ちなみに、「いただきます」「ごちそうさま」を一緒に言ってくれます(笑)

カリフォルニアでは、「アーティチョーク」という野菜がpopularらしいのですが
後日、調理してくれるそうなので、またUPします♪


食べ物レポートだけだとなんなので、農業のことも少し紹介(笑)

スマホ写真 585
Field Tripにバスで行く途中で畑仕事している人々に遭遇。何の畑かわからなかったけど
機械化大規模農業のアメリカでも手作業する人たちもいるなんて珍しいと思った
もちろん、作物や育てる方針によるんだろうけど・・・
スマホ写真 588
しかし!まぁ見渡す限り畑!畑!畑!なわけですよ(*_*)
半端なくでかい散水の機械もありましたしwこーんなに広い畑を見ると
これが日本に輸出されることを想像するとその量に正直ゾッとします。。。

Seeing is Believing(百聞は一見に如かず)

いくらニュースや講演会、社会科の授業で
「アメリカの安価で大量な作物が輸入されると、日本の農業が大打撃を受ける」
と煽られるより実際にアメリカの畑を見たほうが危機感を覚えます

「日本の農業にも市場原理を導入して、海外の作物と競争させたらいいじゃない!」
「中国の富裕層向けに付加価値のある作物を作ればいい!」
「安い外国産を選ぶか、高くても安全な国産を選ぶか、は消費者が決めるから
成り行きに任せたらいい」
とか、ニュースや講演会で
おそらく現場の農業も知らない人が理論や知識だけでいう意見にも
僕は「本当にそうなのかなぁ?」と疑問に思うけど、

一方で
「外国産が大量に輸入されると日本の農村が、そして生態系が破壊される!」
「日本の食の安全性が失われる!」
という意見にも完全には賛成できない、というか何かわからないけどひっかかる。。。

農学部に所属し、APiQ!!(しかも代表)でいながら
農業の基本的なことも知らないけれど、だからこそ自分の意見が
はっきりと持てないことに焦りを感じてます。

ただ、TPPに関して、
「なぜTPP反対なのか」はよく話題になるけど、それよりも
「万が一、TPPに参加したらどう対策をうっていくべきか」を考えるべきじゃないか、って思う。

プランB「もしもAというプラン(ここではTPP反対)が通らなかったときに備えて
用意しておく別のブラン」を考えることも大事だと思う

この留学はただの語学研修だけでなく、週に1回
農業に関連する、企業や大学を訪問するプログラムがあったので参加しました。

知識がないなりに、自分で見たり聞いたりして、感じたことをきっかけに
帰国後、自分を変えていくきっかけにできるようがんばります

以上、アメリカから代表の報告でした\(^o^)/

drecom_apiq03 at 15:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年08月13日

始動から一週間。。。

Guten Tag!かめぞのでーす♪
一年生が素敵なレポを書いてくれてとってもHAPPYです(^^)

さてさて、8/5に始まったアピ農園。
草刈りして、野菜くずいれて、耕して・・・
みんなで頑張って作業を終えることができたのですが!!

まだまだ気は抜けません!!(‵・ω・´)

土を混ぜないと!菌に酸素あげないと!

ってなわけで、3日後、一週間後、二週間後と
混ぜるのですが、

今朝!!
まさかの雨・・・(ノ◇≦。)
今日は、ゆかさん&かっきーと3人で作業する予定でしたが
雨のため、中止にしました

ですが、そのあと降ったりやんだり。。。

そこで、ふと思い立ち
夕方に一人で箱崎へ・・・


どんよりした雲の下
一人でスコップ!くわ!すき!を携え、いざ農園へ

見てください!
本日も白い菌でまっしろ!!これっていいことなんですよね?(^_^;)
304607_187175114748657_36842793_n
ちょっと心配w

途中、雨が降ってきたので土が濡れないうちにと思って
全速力で土を掘り起こし、また元のように畝を作り、
草を敷き、シートをかぶせて、退散!!

なんだか作業が雑になった気もしますが・・・

次は一週間後ですね!

何が心配かというと、

乾きすぎは、ダニの発生に
湿りすぎは、カビの発生に
つながるのです!!

だから、雨の中の作業は、避けたかったのですが
お盆だし、次いつ誰が来れるかわかんなかったので
独断で強行しちゃいましたm(- -)m

なんか敷いた雑草がやたら湿ってたのが気になる・・・
大丈夫かな?

長くなりましたが、畑にこんなものが・・・
484479_187127648086737_1529297313_n
かわいいですね、なんの芽なんでしょう?(^_^)
ほとんどは、土と一緒に混ぜざるを得ませんでしたが
たぶんまだ残ってるはず

食べ物だったらいいな☆

実は、18日から1ヶ月
かめ、藍ちゃん、くぼんぬがアメリカ留学します。
ですので来週の作業は、ほかのメンバーで頑張ってね♪

以上、あぴ農園からの報告でした(^_^



drecom_apiq03 at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月11日

あぴ農園始動!!

こんにちは!
はじめまして、1年のまつもとです(。・ω・)ノ゙

ちょっと順番は前後しますが、
APiQ農園始動!!についてのレポです

先日8月5日、ついに!

あぴ農園プロジェクトが始動しました!

(*゚▽゚)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゚▽゚*)



ふくおか大地といのちの会のみなさんのご協力とご指導をうけながら、
真夏の青空の下、土づくりスタートです!


さあ、ここが新しくあぴ農園となる場所です!!

20120805_103458

・・・Σ(゚д゚;)!!

まさかこれ全部草抜き!?

と、一瞬あせったのですが
いえいえ、この文明の時代にそんなことありませんでした(;^◇^;)ゝ

20120805_110209

草刈機を3台借りて、
あっという間に刈り終わりました!


文明の力ってすごいですねー
はやいですねー
たのしそうですねー

あっ、でも作業中の人を急に呼んだりすると
ぱっとふり向いた拍子に草刈機ごとふり向いて
危険なこともあるので要注意です(>_< )


草刈をしている間に残りの人は
生ごみの準備です!

562722_184508178348863_523382356_n

スーパーでもらってきた生ごみを
そのままでは大きすぎるので、分解しやすいように細かく刻みます
スコップでざくざく、大量ですねー

ちなみにこちらは細かく刻まれて何日かして
水分がだいぶ減ったもの

547669_184507881682226_1537127986_n

だいぶ量が減ってます
元の量の半分以下ぐらいか、もうちょっと減るみたいです
漬物みたいなすっぱいにおいがしました(>_<。)


つぎは、耕運機で耕します!!
使い方を教えてもらいながらlet's チャレンジです

20120805_111418
みなさん耕運機に興味しんしんのご様子(-ω- )o


20120805_114113

はじめは重さに悪戦苦闘しながらも
徐々になれていってました!


さあ、ついに生ごみ投入です


20120805_112905

細かく刻んだ生ごみを土の上に出します!

たくさんですねー
しかもカラフルです(・∀・)゚+.゚


そしてついに出てきた“ぼかし”です

20120805_113118

このぼかしを投入した生ごみに混ぜていきます!

ぼかしを混ぜることで
生ごみを分解するのをがんばっている、
好気発酵をしている糸状菌や細菌をさらに活発にすることができます!

いいですねー
微生物のパラダイスです


20120805_114358

生ごみにぼかしをかけて
軽くかき混ぜたら、耕運機で再び土と混ぜます



20120805_115336

最後に、畝をつくって・・・

484416_184511915015156_362998349_n

ビニールシートをかぶせて完成です!!

ヾ(@^▽^@)ノばんざーい




あとは、土の中で微生物が一生懸命好気発酵してるので、
いい土ができるまで、何回か酸素不足しないようきりかえしの作業が必要だそうです

微生物の働きでどうなっていくのか楽しみですね!(*゚▽゚*)わくわく


ではでは、あぴ農園始動!!のレポでした☆



drecom_apiq03 at 19:39|PermalinkComments(3)TrackBack(0)