2007年01月23日

九州大吟醸

ちょっと前のことなのですが、この前の土曜日に環境創造舎の九州大吟醸の仕込みイベントに参加してきました。

朝6:45箱崎集合と朝早かったのですが、みぽりんも友達の家に前日泊まるという技を駆使して参加してました。そうまでして、お酒が飲みたいのか、と感心しました。

伊都キャンパスの近くの明治3年から続く浜地酒造さんにお邪魔してきました。

ちなみに大吟醸というのは50%を精米のときに削って、真ん中のでんぷんが多いところだけにしたお米で作ったお酒のことをいいます。昔はそんなことのできる機械はなかったので、比較的新しいブランドらしいです。

【作業内容】
まず、米を蒸しておこわにします。
その一部を麹(こうじ)に、ほとんどをタンクに運びます。
タンクの中にはすでにお酒になる途中のものが入っています。
それは今回やらしてもらった作業と同じものを3回に分けてやり、今回がその最後だったからです。最初を添(そえ)、次を仲(なか)、そして最後を留(とめ)といいます。
一度にタンクいっぱいのお酒を作ろうとしても、微生物の量は急には増えないので、微生物のペースにあわせて、進めていくようです。

タンクの中は9℃くらいに保たれてました。ボコボコいってるイメージがあったので、熱いのかと思ってたのですが、あのボコボコは発酵で出てくるガスだそうです。タンクの中からはとてもいい香りがしました。

麹とは蒸した米に麹菌を付着させたもののことを言います。麹菌をまく作業は、とても温度に気を使わなければいけません。この作業は、特別な温度の高い部屋で行われます。麹菌をまいた後は、麹を寝かせます。枕を用意して、ビニールをかぶせて、布団をかけてあげます。

今回体験させてもらったのは、お米の蒸し釜~麹室間とお米の蒸し釜~タンク間でのおこわ運びと、麹を作る際の温度調節でした。おこわはなかなか硬くて、小さく砕くのが大変でした。タンクをかき混ぜる作業はできなかったのですが、やってた人は大変そうでした。今回は500kgの米を蒸していたので、どんどんかき混ぜる棒が重くなっていったそうです。

【気づきの種】
お酒を作るのには目に見えない微生物を信頼すること、気にかけてあげることが必要なんだと思いました。

【嬉しかったこと】
豚汁をいただいてしまったこと。すごい具沢山で美味しかったです。かぼちゃまで入ってました!


あと、九州大吟醸のできあがりがとてもとても楽しみです☆

(By しょう)



at 16:27│Comments(0)いろいろイベント報告 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字