エフコープ環境助成金報告会よか志摩フォーラム2009

2009年05月26日

みょうが

こんばんは、鹿野です。ブログに目覚めました日の出

今日、妙にみょうがが食べたくなりました笑顔

久しぶりのスーパーで、みょうがにこんな説明が!

wangari3.jpg


左下のほうを良く見ると・・・、

img20090526.jpg


「食べても物忘れの心配はありません」

だそうです!なんという親切でしょう!!そりゃあ安心して買えます!

ちなみになんでみょうがを食べると物忘れをするといわれるようになったのでしょう。

調べてみました!

「釈迦の弟子である周利槃特(しゅりはんどく)が、自分の名前を忘れてしまうため、釈迦が首に名札をかけさせた。しかし名札をかけたことさえも忘れてしまい、とうとう死ぬまで名前を覚えることができなかった。その後、死んだ周梨槃特の墓にいくと、見慣れない草が生えていた。そこで「彼は自分の名前を荷って苦労してきた」ということで、「名」を「荷う」ことから、この草に茗荷と名付けた。

この話がもとになり、茗荷(みょうが)を食べると物忘れをすると言われるようになったそうです。」
(※Wikipediaより)


周利槃特という名前ってとても難しいですね。そりゃあ、なかなか覚えられないかもしれないですね・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


個人的な話になるのですが、みょうがを見ると、あることを思い出します。それは一年前の子どもキャンプのこと。

あの時、僕が担当した班では、小学生にはちょっと大人の味な”みょうがの味噌汁”を作りました。それが、あまりおいしくなかった。。。

けど、みんなで収穫して、友達が作った味噌汁なので、だれも残すことなく完食しました料理

そのことが心に残ってか、最後の感想で、「もっとおいしくお味噌汁を作れるようになりたい」と言い残していった子もいました。
あらからお味噌汁つくったのかな??

そんなことを思い出しながら、ちょっと早いみょうがを食べた僕でしたびっくり

(byしょう)

at 22:37│Comments(0) あぴの日常! 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
エフコープ環境助成金報告会よか志摩フォーラム2009