2004年06月

2004年06月05日

お泊り農業体験@むすび庵

お泊り農業体験@むすび庵




実施日:2004年6月5~6日(土・日)

場所:むすび庵(福岡県筑紫野市) 参加者6人




福岡県筑紫野市にある「 むすび庵 」は、長年有機農業を続けて来られた八尋幸隆さんによって、消費者との交流を目的に設立されました。そこでは毎月「むすび庵で農と旬を語ろう会」という様々なイベントが催されています。今回はAPiQ!!メンバー6人でお泊り農業体験に参加してきました。


初日、13:00~むすび庵に到着。2階のつどい処で簡単なオリエンテーションを行いました。自己紹介、すごい緊張したぁ(*_*)参加者は20名ほどで、色々な年齢層の人がいました。皆食に対する意識が高そうな方ばかり!噂に聞いていた八尋さんは、とっても気さくなおじさんって感じです☆奥さんの美智子さんも優しそう~。 

 
オリエンテーション後、着替えて早速農作業開始!まずは、むすび庵から歩いて10分くらいの場所にある畑で玉ねぎ&じゃがいもを収穫しました。玉ねぎは4~6個を一束にして、紐でしっかりと結び付けていきました。これがなかなか難しい!しかも6月の照りつける太陽が暑い暑い・・・汗だくだくになりながら、ひたすら玉ねぎを結んでいきました。APiQ!!メンバーのえりもちゃんは熱中しすぎて、無心の境地に至ったそうです(笑)農業で悟りを開く人もそうそうおらんよね(笑)
 
じゃがいもは鍬(くわ)で掘り起こしてから、手でひとつひとつ掘っていきます。この鍬使いが下手だと、じゃがいもを割ったり傷つけたりして商品価値を無くしてしまうので、結構気を遣う作業でした。当然ながら素人であるAPiQ!!メンバーはさくっさくっと傷つけてしまいました・・・八尋さん、じゃがさんたち、ごめんなさい(>_<)

2004-2-1

2004-2-3



 
→この方が有機農業のプロ、八尋さんです☆

2004-2-2



→収穫した新じゃがたち。

2004-2-4

2004-2-5




収穫作業の次は、あちこち散らばっている八尋さんの畑や田んぼをめぐるツアーに出発!お散歩しながら色々な話が出来て楽しかったです。歩いて15分くらいのところにある畑には、キュウリや茄子など色んなお野菜が植えられていました。どれも水々しくて色つやが良くて、とぉっても美味しそう☆ 

→つやつやの茄子♪品種名「小五郎」君です。
2004-2-6



2004-2-8
 
この日の作業はこれで終了。夕食の前に「御前湯」という温泉で疲れを癒しました。はふ~。夕食には赤米入りご飯のカレーやじゃがいもの煮物、サラダや卵のお吸い物など、むすび庵で取れた旬の食材を使った料理がズラリと並びました。めちゃめちゃめちゃ美味しかったです!!食後は食や農について熱い意見が交わされました。やはり現役バリバリ農家さんや新規就農を目指しておられる方の意見を聞くと、食や農に対してのモチベーションがすごく上がります。話し合い(というか宴会?笑)は夜遅くまで続いたようですが、私は途中で寝てしまいました~。 



 
翌日、6時過ぎ・・・。目覚めると回りに人が居ない・・・。皆早朝マラソンに出かけてしまった模様。昨日真っ先に寝たはずなのに、寝坊してしまったよ~(;△;)しばらくしたら何人か帰ってきたので、朝の作業をしに畑に行くことになりました。
まずは昨日収穫した玉ねぎを木の棒にかけていきました。このようにして玉ねぎを乾燥させ、長期間保存するのだそうです。

2004-2-12


 
次はイネの苗に水遣り。たっぷり水を遣らないとダメなんだそうです。朝の空気と水滴のついたイネの葉の黄緑がきれいで、ものすごく爽やかな気分になりました~。

2004-2-9




→朝撮ったキュウリの写真。夏を感じます☆
2004-2-7



2004-2-10
 
最後に鶏小屋へ。鶏小屋の上の方には卵を産むスペースがあって、そこで雌鶏が卵を抱いていました。なんか必死に卵を温めている姿がめちゃかわいくて、卵を取ることに少し罪悪感を覚えてしまいました・・・が!!いざ卵を取ろうとしたら、クチバシで手をつつかれました!!Σ(*д*)あいや~。なんとか奪い取った卵は産みたてで、ほんのり温かかったです。
その後むすび庵に帰って朝食を頂きました。どれもこれも美味しかったですが、さっき取ったばかりの卵を使った卵かけご飯がめちゃめちゃ美味しかったです!こういう食事こそすごく贅沢だと思うのですが、どうでしょう。



2004-2-11
 
午前中はトマトの誘引と整枝を行いました。誘引とは、トマトの樹を紐などで支柱に固定していくことです。誘引することによって、枝同士が重なることを防ぎ、葉に十分に光が当たるようになるのです。整枝とは、葉の付け根から出てくる腋芽(わきめ)を摘み取ることです。腋芽が大きくなると、そっちに栄養が取られてしまい主茎の生長が損なわれるので、できるだけ小さい内に摘み取ります。ウイルス病や細菌病の感染を防ぐために、どちらの作業もできるだけトマトの樹を傷つけないように注意しなくてはなりません。それにしてもハウスの中は暑い~(+_+)暑すぎて息苦しかったです。真夏もハウスで作業する農家さんは本当に大変だなぁとしみじみ思いました。



昼食時間。ここでの美味しい食事もこれが最後かと思うと、なんとも名残惜しい・・・。最後に一人ずつ参加した感想を言って、お開きとなりました。楽しい時間が終わってしまって、なんだか寂しい感じ・・・。でも帰り際にお土産に卵やお野菜をたっくさん頂いて、かなりハッピー♪気分で帰りました(笑)
このお泊り農業体験で生の農業、農家さんに触れて、とてもいい刺激を受けました。すごく充実した、濃密な時間を過ごせたと思います。こんな楽しいイベントを企画してくれた、八尋さんを始めむすび庵の皆さんに感謝感謝!どうもありがとうございました。

written by よふ



drecom_apiq03 at 03:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いろいろイベント報告