2007年04月

2007年04月23日

今日はお弁当の日!

食卓の向こう側を読んだ方は知っているかもしれませんが、竹下和男校長先生が始めた『弁当の日』が、今、大学生の間でも広がっています。

今日は「お弁当の日ワークショップ」が開かれました。
九大、西南女学院大、福教大の弁当の日の取り組みの発表や、ディスカッション、助産師の内田美智子先生の講演、竹下さんのお話など盛りだくさん。

昼ごはんはもちろんお弁当☆。というか、これが今日のメインです。
80人もの参加があって、しかもみんな一人一品のお弁当持参(笑)

天気にも恵まれ、お昼ごはんは芝生の上で80人でお弁当を囲みました。それはそれは壮観なことでした。
その場所は桜の隠れ名所ですが、この日は80の満開の笑顔が咲いておりました。
人のためにご飯を作ること、人が作ってくれたご飯を食べること、そしてみんなでお弁当を食べることって、やっぱりいいなぁと思いました。

みなさんも、周りの人とお弁当を持ち寄ってみてはいかがでしょう!?

最後に…このイベントを企画・準備してくれたありめぐ、実行委員の方本当にありがとう!ありめぐの“お弁当の日”のブログも覗いてみてください☆☆☆

あっそうそう、4月30日の西日本新聞にこのワークショップの事が載るそうですよ!要チェック!!

byまっひ

at 23:32|PermalinkComments(0)お知らせ 

2007年04月17日

むすび庵 4月農旬会

4月の農旬会に行ってきました!あぴからはまひまひさん、みぽりん、しょうの三人が参加しました。

今回はむすび庵にかかわり隊の隊員である僕が担当者として司会進行などをやらせてもらいました。もう、すばらしい進行でした。

今回のテーマはみそ作りと春の田の花鑑賞会とおやき作りでした。
みそを作るなんて初めてでした。
「好きな調味料はなんですか?」と聞かれたら迷わず「みそです!」と答える僕にとってはとても幸せな月例会でした。持って帰ったみそは夏ごろには出来上がるそうです。楽しみです。

田んぼでは、いろいろな花が咲いていました!がきのころ、花とか草とかに全然興味がなかった僕にとっては、初めて聞く名前の草花ばかりでした。みんながピーピー鳴らしている遊びにも全然ついていけずでした。けど、楽しかったです!
さて、ここでクイズです。レンゲは複数の花が集まって一つの花を作っているのですが、一体いくつで花が集まっているでしょう?
時間があったら数えに行ってみましょう!

おやきは、結構簡単にできて、結構美味しいです。ただ、焼くのが大変でした。まあ、みんなが美味しい美味しいって言ってくれたので、よかったです!

ずうっとてんてこ舞いだったのですが、周りのみなさんにうまくフォローしてもらいつつ、大きな事故もなくできたのでよかったです!

その後、いろいろあって八尋さんから添い寝の洗礼を受けました(笑)タカナをお土産にもらえて、幸せな一日でした。

次回の農旬会は5月27日でジャガイモ堀りと雑穀の種まきとコロッケ作りです。お楽しみに☆

byしょう

at 15:38|PermalinkComments(0)いろいろイベント報告 

2007年04月14日

びおマンパ

今回のびおのマンスリーパーティーは日本科学者会議さんの青野さんのお話でした。テーマは「燃料とエネルギーの節約について」。

エネルギーと熱の違いの分かりやすい説明から、自然エネルギーのことまでとても充実した内容でした!とても面白かったです。
全部はとても吸収できなかったのですが、印象に残ったところだけ書いてみたいと思います。

発電所で石油を燃やしたりして得られるエネルギーというのは本当にそのものが持っているエネルギーの40%だそうです。他の60%は逃げてしまうそうです。これは、一見ものすごく効率が悪いように見えますが、そういうものなんだそうです。これを第二法則と呼ぶみたいです。

また、原子力発電の元になるウランなのですが、これもあと80年くらいでなくなるだろうと言われています。なのに、なんで日本は原子力をやめないで続けようとするのかというと、今までの研究を無駄にしたくないというのと、大きなお金の動きがあるからだそうです。

また、電気というものはストックするのが難しいので、作った分は全部消費したいんだそうです。しかし、電気の消費量は一日の中でも大きな変動があって、その調節はとても難しいんだそうです。しかも、甲子園があったり、夕立が降って、みんなが一斉に電気をつけたりすると発電所に人は大変だそうです。

これからのことを考えると、やっぱり自然エネルギーを利用することが大切です。なかでも風力発電はアツイです。世界ではこの10年で風力発電の発電量が10倍になりました。デンマークでは全体の電気の15.7%を占めるそうです。しかし、日本はというと、全体の0.067%だそうです・・・。風力発電はある程度風車を立てて、いつもどれかが回っていればそれなりに電気を作ることができるのですが、日本ではまだぜんぜんだそうです。

あと、食にも関係があるのですが、食べ物を運ぶ運送に使われるエネルギーってとても無駄が多いそうです。エネルギーを考えるときも「地産地消」が理想で、地域で電気をうまく作って消費できたらよいみたいです。やっぱおおきなシステムって循環が難しいですよね。

新しいエネルギーを求めることも大事だけど、今あるエネルギーでどう過ごすかを考えることが大事なんじゃないかとおっしゃっていたのが、とても印象に残りました。その通りだなって思いました。自分の生活を見直さなければ・・・。

とても勉強になった一日でした。

byしょう

at 23:41|PermalinkComments(0)いろいろイベント報告 

2007年04月11日

あぴ村@はこざき~放課後農業体験記~

学生による放課後農業の体験記です!



2007年4月11日より始まった“はぴきゅう!!”。

大学の圃場の一角を使って農業をしてみよう、という企画です。

福岡県及び周辺の学生による趣味の(?)農業。

ここではその様子の一部を公開いたします。

(2007.4.11~2009.2.3)

こちらをご覧ください



drecom_apiq03 at 03:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あぴの日常!