農業インターン合宿 2012春!!報告PART15/13(日) 伊都祭2012

2012年06月18日

農業インターン合宿 2012春!!報告PART2

Guten Tag!!またまた亀園です
今週は、ラテアート体験やカフェ巡りとか行って、久しぶりに休日らしい素敵な土日をENJOYできました(笑)
普段することのない楽しいことをするといきいきしますね
おかげで、実験レポートに、限られた時間で挑まないといけない
大変な状況になったわけですが(泣)休日が充実したからいいんです
「課題の取り組みは計画的に」


はいはい!私事はこのへんにして!!
春合宿の報告、PART2です!ジャジャ~ン

PART1では作業内容を紹介しました。
今回のPART2では、3日間の研修・作業を通して
それぞれの農家さんの元で
何を感じ、何を学んだか!?」を
報告しようと思います!

☆かめ☆
まずは、トマト!
120328_120211
暑いハウスの中で汗をかきながら「誘引」を行いました。
テープと専用のホッチキスを使って枝を支柱に誘導してあげる作業です。

恥ずかしながらあまり上手にできませんでした

キャベツは包丁で収穫するのですがコツをつかむまでに
時間がかかりました(^_^;)加茂グリーンファームの宮崎さんから丁寧なレクチャーを受け、
少しずつ上達できました
根元をひと思いにザクッ!!といくのが大事です(笑)
120328_103847

一方、キュウリは最後まで上手に収穫できるようになりませんでした(泣)
加茂さんのようにきれいに収穫できず、自分の不器用さにもどかしさを覚えました。

みなさんは、収穫体験と聞くと
「やったね!おもしろそう!」なーんて楽しげなイメージを思い浮かべませんか?
僕は、そうだったんですが(笑)

でもですね・・・、当然のことですが
これが「商品」として、消費者のもとに届くと思うと
責任重大で、とっても緊張します!!(>_<)

加茂さんが今まで懸命に育ててきた素晴らしい野菜を
自分の収穫の仕方一つで、見栄えが悪くなり
「商品」としての価値を下げてしまうかもしれない
と、丁寧にきちんと収穫しようと不器用なりにも奮闘しました

トマトといい、キュウリといい、
加茂さんには申し訳なかったです。ですが、今回の春合宿では
作業を通して、農業においての「収穫」という段階の重要さ
改めて考えさせられました


☆にっしー☆

「ネギ」と聞くとほとんどの人はただの薬味、良く言って料理を引き立てる脇役位に考えてる人が多いのでは
僕にとってはネギは料理の主役級です!いやホントに!笑)

 

ただあまり注目されてないネギといっても、水耕栽培の技術革新、収穫、採寸の調節、等様々な過程を経て私達の元に届いているというのが、「ホント面白いなぁ」と思いました(´∀`*)
IMG_2260


当然のことかもしれませんが、実際にその過程を体験してみると改めて感じるものです

 

何より、これ程の過程を辿って僕達の元に届く食べ物に対する感謝を忘れてはいけないなぁと思いました

 

僕も「食べ物があるのは当たり前」と思わずに、改めて食べ物への感謝を大事にしていきたいですね。(キマッタァ!!

 

はい、すいません。自分でほめちゃいました

 

誕生日祝っていただきありがとうございます!!!

ケーキは美味しく頂きました!(⌒∇⌒)ちゃんチーズケーキありがとう

 

☆萌☆

水耕栽培とはどういうものなのかを見てみたかったのですが、

実際に見るとその仕組みに驚きの連発でした

①設定した時間にパイプから自動で肥料が含まれた水が流れていたのですが、
なんと!!その水は循環
していたんです!→無駄がないところにびっくり


②発泡スチロール製のパネルを使っている!→意外にも簡単な仕組みにビックリ


③可動式の装置!→空間の有効利用にびっくり。メンテナンスが大変そうだと思いました。

 IMG_2251

早朝からのネギの選別の作業では、大量のネギに圧倒されながら、ベルトコンベアで

次々に流れてくるネギを選別しました。目がしみて涙が出ました(笑)

IMG_2256
選別でもう使えないとされたネギは、自然に返すため山に持って行った。ここでも循環を感じました!

 

ネギの仮植、定植などもしたけれど、パネルを外して重ねて運んで、また取り付ける

という力仕事が印象的。農家がする農業は、畑やハウスで
作物を育てるだけが仕事じゃないということを改めて実感!

裏の作業、たゆまない努力が水耕栽培にもあるということ

機械のメンテナンスなどもそうですが、農業をするための環境の整備の大変さやそのテクニカルさ。今こうして振り返ると、そんなことも感じられた春合宿だったなぁと思います。



☆藍☆

若木さんの畑は無肥料・無農薬でやってて、他の農家さんのとことは違いました



初めて自然農法で栽培している畑を見て、実際にそこで作業したから、
正直、もう素直に驚いた感じかなぁ
__


「農業」とか「農家」、ときくとどうしても一括りにして
「みんな同じような農業をしているのかなぁ」と考えてしまいがちだけど、
実は!!

栽培する方法も、作ってる作物も、生産する規模
農家さんそれぞれで違う


APiQ!!の農業インターン合宿では、それぞれが別々の農家さんのところに
毎日、朝から夕方まで作業に行くわけだけど、

その日の作業を終えて、合宿所での夜のミーティングで
他のメンバーの作業内容を聞いたり、意見を交換し合えるってのが醍醐味だと
改めて思いました




以上!
春合宿の参加者の報告でした~
今回は通常のアピ合宿よりも短い研修だったにもかかわらず
それぞれが学びとったものがあるようですね

みんな夏合宿、春合宿と仕事としての農業の現場に触れ、
しかも春合宿では、合宿を運営するスタッフとしての練習でもありました。

さあ!今年の夏合宿2012!!
参加希望の学生がとても多いことが予想され、

どうしたらうまく運営していけるかが課題ではありますが、

糸島の農家のみなさん!そして糸島市役所農業振興課のみなさん!
アピ2年生になった僕たちが中心となって合宿を計画していきますので
今年の夏も「食と農の架け橋」APiQ!!をよろしくお願いします

それでは、合宿所からの素敵な夕焼けを最後に・・・
IMG_2275
記事の内容などに対するコメントくださると、APiQ!!としてはとてもうれしいです!
アピのブログを読んだ感想、どしどしお待ちしております



drecom_apiq03 at 01:13│Comments(2)TrackBack(0) あぴ内イベント報告 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 萌   2012年06月21日 00:47
5 かめ、ブログ更新ありがとう!(絵文字多いね!(^^)!笑)
やっぱりあぴ合宿はいいねぇー。そして、こうして振り返ってまとめることでまた合宿の意味と自分の農業に対する考え方の変化がよくわかってくるね。
これから、もっともっと発信していけたらいいね。
2. Posted by かめ   2012年06月26日 19:05
だって絵文字ないと堅い無機質になっちゃうからさ(笑)
柄にもなく多用してみた!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
農業インターン合宿 2012春!!報告PART15/13(日) 伊都祭2012