2012年11月14日

夏合宿懇親会



こんにちは!

APiQ!!副代表の 大西 裕子 です(・∀・)



今回は、夏合宿懇親会でアナグマをさばいたことについてのレポです


先日、11月11日
夏合宿でお世話になった農家さんとの懇親会を行いました


せっかくお世話になった農家さんとの懇親会を行うのであれば、
農家さんご本人がが作られた野菜を使った料理を作ろう、
ということで農家さんからお野菜をいただいて、懇親会の料理を作りました



今回、増田さんが、懇親会の朝にとれたばかりのアナグマを提供してくださるということだったので、
代表のかめさんと、農園長のひじさんと増田さんのお宅にうかがわせていただきました!
(増田さんは猟の免許をもっておられます。)


内臓を取り除いて、血抜きした状態のものをいただいたのですが、
皮をはいだり、解体したりする作業がありました。



396312_305285462918639_1700878200_n



まず、そのままの状態では、アナグマにダニなどがついている恐れがあるので、
ガスバーナーで毛皮を念入りに燃やしていきました。


そのあと増田さんに手伝っていただいて、アナグマの皮をはぐことに挑戦しました。


148545_305285409585311_1777092347_n



この時期は、アナグマは冬眠するとのことで、一ヶ月食べなくても生きていけるだけの脂肪を蓄えているとのこと。
皮をはぐと、確かに脂肪がたくさんありました  Σ(・ω・ノ)ノ

写真の白い部分が脂肪です。



アナグマの解体を通じて、私たちの活動のテーマである

「食と農をもっと身近に」

ということを実感しました。



解体したアナグマは、懇親会で美味しくいただきました


食材を提供してくださった農家さん、懇親会に参加してくださった農家さん、
本当にありがとうございました。



以上、APiQ!!夏合宿懇親会のアナグマの解体の報告でした







drecom_apiq03 at 17:20│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字